史上最悪の二日酔い話

すぐ引っ越した

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
すぐ引っ越した史上最悪の二日酔い話

目が覚めたら家の玄関先でパンツを脱いで寝ていまいした。
その後、警察から連絡が・・・・

アパートの近所の敷地内に人糞と私の財布が落ちていたそうです。
記憶は全くないのですが、家にたどり着く前に便意を催し、ウンコをした、挙句の果てに財布まで置き忘れてしまったらしい。
すぐ引っ越した。
40歳 女 メーカー

 

 

スポンサーリンク


二日酔い度(5点評価)


合計投票回数:9   総合点: 39   平均点: 4.3

No related posts.


Categorised as: 自分史上最悪の二日酔い話


Switch to our mobile site